海外に行きたい気持ちは分かった。でも海外に行っても専門性がないんじゃ意味がない。

こんにちは。今日のタイトルは、Kei Kawakitaさんのブログ記事からの引用です。

海外で働きたいと言った時の、上司のセリフだそうです。

弓矢。弓は語学。矢は専門性。
弓ばかり磨いても、矢がないならば、役にはたたない。

自分の思いとジャストフィットするので、ここで紹介してみます。

私はWebデザイナーとして独立しました。
頑張る人の自己表現をお手伝いしたい。から。です。

私にとって、弓はWeb、矢は、「自分が伝えたいもの」です。

自分が伝えたいものがないのに、Webだけ作っても始まりません。

また、逆に、
私は、矢は一杯持っています。弓(=Web作成のスキル)がおぼついていません。
今は弓磨きの真っ最中です。

自分の弓をぴかぴかにして、この世の中にたくさんいる「Kei Kawakita」さん達がきらきらと生きられるようにしていきたいと思います。

というわけで、今日も茅場町でお仕事です★