2017.10 HTTPS問題

Googleさんが、警告絡みの話を矢継ぎ早に出してきています。

「10月にリリース予定のChrome 62からは、非HTTPSでフォーム送信するすべてのページへと警告表示を拡大する。」
from
グーグルは検索結果で非HTTPSページに「保護されていない」警告を付けるようになるの?【SEO記事12本まとめ】

リンクははりませんが、
2018年には、Verisighの証明書を無効と扱う話とか。
(将来的に変わる可能性があるので、故意にリンクははりません。)

主要レンタルサーバーが、独自SSLの無料サービスを提供してくれてきているから、
うちみたいな弱小サイトは安心は、安心です。(ドメイン証明書使ったりしている大手さんは、大変そうで。)

昨日は、X-Serverの方とお話する機会があって、
その際「うちが無料SSLは1番早い対応だったんだよ!!」と胸を張られました。
ごめん。メインサーバーがX-Serverなので、1番早いかは意識していなかったです。

今私が認識している無料SSLサービスつきのレンタルサーバーは、以下の4つくらいかなあ。
1.X-Server
http://www.xserver.ne.jp/

2.さくらサーバー
http://www.sakura.ne.jp/
3.StarServer
https://www.star.ne.jp/
4.ロリポップ
https://lolipop.jp/

個人的には、CPIは、はよ、対応してほしいなあ。と思っています。

なお、無料SSLの利用は、「DNSも自分のところで管理している」のが条件みたいです。
近辺でも、DNS切り替えがいろいろ動いております。

みなさん、がんばってね。

タイトルとURLをコピーしました