ニュース解説 – 日本郵便がハード保守契約を全面見直し、ITベンダーの反発は必至:ITpro

日本郵便がハード保守契約を全面見直し、ITベンダーの反発は必至
 ハード保守費はユーザー企業にとって値引き交渉が難しい分野だ。日本郵便はベンダーの「聖域」に踏み込んで保守費8割減を目指す。ベンダーに波紋を激震が走るのは必至。後に続くユーザー企業は出るのか。

24時間駆けつけサービスが基本の日本。

それが保守の高止まり、ひいては、IT業界の構造改革を阻んでいるという論調は賛成です。

みなさんの会社も、過剰な保守契約を見直してみては?

これからは攻めの姿勢です。