“苦手なことは外注”ルール、1人月5万円以上の外注義務化で伸びた売り上げ | BUSINESS INSIDER JAPAN

"苦手なことは外注”ルール、1人月5万円以上の外注義務化で伸びた売り上げ
優先順位の低い作業をできるだけ外注化し、自分たちの強みにだけ特化した働き方に振り切ったら、何が起きるだろうか?ソーシャルメディア事業の運営やシェアリ...

こんばんは。堀田です。

記事がとっても腑に落ちたのでシェアします。

クラウドワークスなど、業務を外に出す体制は整っています。

「自分の得意分野に特化した作業で利益最大化」を図る、を、個人分野で浸透させるためにも、こういう施策は欠かせません。

注意すべきは

「自分と相性の合うパートナーを選ぶこと」

一回の面談やらネットでのやり取りなどで見つけられるものではありません。失敗しつつ、「パートナーを見つける目」を養っていくことが、昨今の事業責任者に求められる、スキルであり、度量です。

「どこまでならば」

「どこならば」

許容できるかを探りつつ、社会の荒波に負けないように、共々、頑張りましょう。