法人部 > 会社経営

法人部 > 会社経営

*****
とはいえ、会社は「成果をあげたものしか生き残れない」という非常にわかりやすいルールによって、世の中から存在を許されている。

どんな高邁なことを述べたとしても、どのような崇高な理念を掲げていたとしても「顧客から評価されて、利益を残す」という事ができなければ、キャシュが尽きて、法的にも実質的にも消滅する。

そして、現代ではそこで働く従業員にも同じルールが適用されつつある。

結果を残せない従業員は経営者から改善を要求され、それが無理なら経営者と同様に排除される。
****

「優しい会社」と「厳しい会社」のどちらに行くべきか。
就活も、そろそろ終わりだ。 好景気なのか、「どの会社に行けばよいか」と言う相談が今年は多かった。   そして、多い相談の一つは「優しい」会社か「厳しい」会社のどちらが良いかだ。   私はその問いには直…
タイトルとURLをコピーしました