>RPAの実証では、補助金の実績確認作業は52時間から11時間に、決算統計作業は14時間から1時間に、それぞれ大幅に縮まった。

>RPAの実証では、補助金の実績確認作業は52時間から11時間に、決算統計作業は14時間から1時間に、それぞれ大幅に縮まった。「市町村がExcel集計結果を印刷して紙で府に送っていたのを、そのままデータでもらうようにした効果が大きい。加えて、データの集計とグラフ化をRPAで自動実行している。オープンデータの整備や統計・補助金関連の作業は、RPAによって膨大な作業を短縮できる」と説明した。