#エンジニア採用の担当者向け

#エンジニア採用の担当者向け

>もしあなたの会社がこういう問題に直面していたら、そしてもしあなたがジュニアエンジニアをどう雇い、どう教育すべきか知っていたら、ここで述べているベネフィットを享受することができるだろう。あなたの会社ではどんでん返しが減り、多様性が高く、競争による副作用も少なくて済むだろう。ソフトウェアは壊れにくくなり、輝きを放つようになるはずだ。もちろん、これだけがすべてではない。しかしジュニアエンジニアに対する積極的な採用方針はあらゆるレベルのエンジニアにとって働きやすさの指針になるはずだ。

****
上記文章は、ページのごく一部だ。

エンジニアとして、また、社内マネジメントをしてきた立場として、かなり感銘を受けた。

エンジニア採用の方には、是非、全文の精読をおすすめしたい。