#経営者向け #参考事例

#経営者向け #参考事例

>「有名企業の社長が自ら対応する」というインパクト、「何かが生まれるのではないか」という期待感が掛け合わさって生まれたバズにみえる。そのため、これを機に他社も真似をするかもしれないが、そう簡単にここまでの盛り上がりは見せないだろう。こうしたことからも、前澤社長が度々口にする先行者利益という言葉がしっくりくる出来事だった。

そして、10月1日に日本経済新聞に「拝啓、前澤社長。」と題した一面広告を出して「私たち社員が主役です。」と宣言したように、社員一人一人の高い自主性を感じさせられた。

***
タイミングが計算尽くされた印象

タイトルとURLをコピーしました