#ベンダーに作業を依頼するお客様向け

#ベンダーに作業を依頼するお客様向け

>約200ページの判決書から見えてくるのは、書面として残された証拠の重みだ。判決に先立つ「事実認定」では、スルガ銀と日本IBMの幹部によるステアリングコミッティーの議事録が証拠として多数引用された。一方で法廷における日本IBMの証言はほとんど採用されなかった。IT訴訟に詳しい弁護士は「両社の印が押された書面が大量にある以上、裁判所が証拠として優先して採用するのは当然だ。

****
必要なのは、あくまでも「証拠」である