立法・司法判断で税金の有効活用が図られた例

立法・司法判断で税金の有効活用が図られた例

>犯罪率の低下のために、オランダではここ10年で受刑者が半分にまで減った――つまり、刑務所がガラガラということだ。

 しかもオランダでは、有罪となっても、懲役刑以外にも社会奉仕や罰金、電子タグの装着といった命令が下されることもあるので、実際に刑務所に入る人はさらに少なくなる。

 服役するのは、釈放したら危険だったり、助けを必要としていると考えられる人たちだけだ。

 2015年、オランダは牢の一部をノルウェーとベルギーに貸与。ノルウェーから250名ほどの受刑者がノルゲルハーフェン刑務所にやってきた。

 2013年以来、オランダでは19ヶ所の刑務所が閉鎖され、今後もこの傾向は続くだろうと考えられている。

タイトルとURLをコピーしました