#確定申告医療控除手続きの変更

#確定申告医療控除手続きの変更

2017年度から、医療費控除の申告方法が変更になりました。
旧) 領収書を添付。合計金額を申請書に記述。
新) 医者にかかった回数1回につき1行の形で、規定のExcelやPDF等の書類に記述。領収書は、自宅で5年保存。
ExcelやPDFの代わりに、「医療費通知(*)」での代用も可能。*医療保険者が発行する以下の全ての事項が記載された書類」

とはいえ、来年度までは、旧型式での申請も受け付けていただけるとのこと。
*「平成29年分から平成31年(2019年)分までの確定申告については、医療費の領収書の添付又は提示によることもできます。」

1点気になっています。
2017年は半年に1回届いていたはずの「医療費のお知らせ」が、2018年は一度も届いていません。一度社会保険に入ったからかもと思ったのですが、ずっと国民健康保険だった母も同じだと言っています。

2020年度には、ExcelやPDFで出力したもの、もしくは「医療費通知」しか受け付けなくなります。「医療費通知」が、保険診療をうけたすべての人に届く仕組みはできているのでしょうか?それが気がかりでなりません。

指定されたページを表示できませんでした。:平成30年分 確定申告特集
国税庁,年末調整,確定申告,医療費控除,源泉徴収,確定申告2019,確定申告医療費控除,確定申告書等作成コーナー,国税庁 確定申告,所得税