「デジタル飽きた」が今年の流行語大賞になるくらいになってほしいものです。

「デジタル飽きた」が今年の流行語大賞になるくらいになってほしいものです。

>デジタルは、企業が競争力を高めるために重要な手段である。これはもう常識。そんな状況で「デジタル」を連呼することに違和感があり、言えば言うほどデジタル化が目的のようになってしまう恐れがある。それだと、ITツールが社内に増えたものの成果が上がらない、という残念な結果になりがちである。だから「デジタル」という言葉と距離を置いたほうがいい。そもそもデジタル化で効果を出すには、社風を変えたり、人事評価制度を変更したり、KPI(重要業績指標)を見直したりすることのほうが大切である。