障碍者の支援についていろいろ調べています 


こんにちは。堀田です。

WordPress技術者からのスキルチェンジ図っています。
障碍者支援事業に関わることになり、ただいま絶賛勉強中です。

とりあえず、基本
厚生労働省のサイト> 障害者総合支援法が施行されました

PDFが多すぎて読めないので、まとめサイト探します。

障害者総合支援法の2本柱は、自立支援給付と地域生活支援事業

障害者総合支援法のサービスは、大きく自立支援給付と地域生活支援事業の2種類があります。どちらも市区町村または都道府県が実施主体となっていますが、位置付けには違いがあります。

自立支援給付は、国がサービスの類型や運用ルールを定めるもので、障害のある人が福祉サービスを利用した際に、行政が費用の一部を負担するものです。法律上は全体費用の「9割」を給付しますが、住民税が非課税の世帯であれば全額(10割)を給付します。

一方、地域生活支援事業は、都道府県、市区町村が主体となって実施するもので、大まかな枠組みは国から示されていますが、サービスの類型や運用ルールは都道府県、市町村が定めています。障害のある方がお住まいの地域で自立した生活を送るために必要な支援のうち、地域の特性に応じて実施するサービスが位置付けられています。

わかりやすくまとめます。書いてあるわりには、とってもわからない。。。

元文学少女 堀田には、
Aさんは障碍者です。みたいな、ストーリー仕立てにしてもらえないと、理解できないのだろうか。。。

まあ、もともと現場に強い女なので、現場に入り込めばなんとかなるでしょう。とは楽観してはいるんですけどね。

さて、勉強は続きます。

追記) ここのPDFのほうがわかるかも。
障害者総合支援法のサービス利用説明パンフレット

Pocket


Copyright(c) 2016 ajisai-planning All Rights Reserved.