NPO法人日本ファイバーリサイクル連帯協議会

スラムに暮らす子どもの自立を支えるため、日本国内で古着や毛布、バッグなどを回収しパキスタンの人々と協力しながら、古着のリユース販売を日本とパキスタンで行なっています。
パキスタンで販売して得た利益は、スラムにある学校『アル・カイールアカデミー』の運営費になります。
日本国内で販売して得た利益は、JFSAの活動費になります。

生活クラブで、ちらしが入ってきたのが最初でした。
もともと、古着は、地域のリサイクルセンターで回収してもらっていました。

回収していただいた後の使い道がはっきりしているならば、このほうがいいなあ。

一度古着etcをお送りすると、それ以降は、日本ファイバーリサイクル連帯協議会(JFSA)から、郵便で連絡をいただけるようになります。

そのタイミングで、古着の整理ができるので、不精さんにはおすすめだと思います。

状態のいいものならば、中古の下着も喜ばれるとのこと。
世界には、私の知らない市場がたくさんあるなあ。

こちらが送料を払うのは少し手間ですが、
その代わり、自分の知らない世界をたくさん教えてくれます。

送料=社会を知るための勉強代。そういう意味でも、おすすめの、団体さんです。

回収の詳細方法)
http://jfsa.jpn.org/reuseitems

注意点)
・シーツなどの大きい布でくるむか、ビニール袋など、かさばらないもので送ってください。
・JFSAまでの送料はご負担ください
・パキスタンの女性は民族服を着て生活しています。女性衣類は、国内販売可能なもののみ受付です。(中古のガードルやボディースーツは、人気商品だとのこと。)

タイトルとURLをコピーしました