クラウドファンディングサポート

業種 NPO団体
作業の種類 ブランディング→自社PRサポート
課題 ホームレス状態の方々の支援のため、2016年から、「個室アパート型シェルター」の運営を開始した。活動規模の増加と、開始当初の助成金期日を迎え、赤字が必須の状態だった。代表者は、この状態をなんとかするために、「クラウドファンディング」をしたいという希望があった。しかし、「クラウドファンディングのテーマをなににするべきか」から決めかねていた。
作業の目的 団体の活動紹介および活動資金調達
作業のポイント 1. 企画の提案:決算報告を見せていただいたところ、財政逼迫で一番大きく、かつテーマ性の高い項目が「個室アパート型シェルター」の維持費であることが判明 2. 企画を進めるサポート: 2-1.「クラウドファンディング」を行う副目的は「TENOHASIサポーターを増やす」ことであることを、全員で共有。 2-2. 必要な作業一覧をもとに、作業の分担をみなで相談する。 2-3. 元となる文章が出てきたところで、対面打合せと作業全体のスケジュール感を共有 3.クラウドファンディング実行時のサポート 3-1. PR戦略の立案と役割分担と実行 3-2. 活動報告などの「クラウドファンディング」サイトの運用サポート。 ***クラウドファンディング終了後*** 3-3. 「ギフト」の送付作業サポート等
作業後 今回のクラウドファンディングは、2019/2までの予定ですが、今のところ順調なようです。
お客様の声
作業期間 2018年10月~2019年2月(終了予定)
タイトルとURLをコピーしました