X-ServerにVimをインストールする。 


2017年の正月は、make地獄にはまっておりました。(subversionをX-Serverに入れようと四苦八苦)

あの時は結局できなかったんですが、
今回、X-ServerにVimをインストールしてみよう。と思い立ちました。。

エックスサーバーに独自に Vim を導入する

記事としてはいっぱいあったんですが、以下の点が気に入ったので、引用です。
1. この記事が一番最新(2018/7/9更新)
2. git clone使って作業
3. $HOME/localにインストールしている

なお、Vimインストール時には、
ncurses もインストールしないといけないのですが、
そこを読み忘れておりまして、

非常ーに、苦労をしました。。。

w get だの、ncursesのgit だのみょーなもんをいっぱい入れてしまいました。

結局のところ、makeしただけだから、削除すればいいんだけどさ。。

なお、手順どおりインストールしたんですが、結局標準ではvimコマンドが実行できずに、
.bashrcにaliasを書き込んだのは内緒です。。。

まあ、もうしばらくたったら、変なもんを削除できるスキルも身につくでしょう。。

今年は残り少ないですが、サーバー系、特にAWSとかのクラウド系の実務知識はつけたいと思います。
どうにかします。ホトトギス。

注:なお、vimの最新版はこちらから。だと思います★

Pocket


Copyright(c) 2016 ajisai-planning All Rights Reserved.