ウェブ制作から離れるとすぐ忘れるviewport

こんにちは。久しぶりの堀田です。

ウェブエンジニアから、システムディレクターにキャリアチェンジしました。

非常に性に合ってます。

時代は、PM、もとい、要件定義からプログラミングまでできるフルスタックディレクションだよな。とか思います。

しかし、少し離れると、すぐ忘れるんですよね。ウェブの知識って。

ウォッチはしてます。

仕事が落ち着いてきたので、ウェブ知識も含め、総復習するつもりです。

今回はとりあえず、viewportの記事をご紹介。

スマートフォン用サイトを制作するデザイナーさんに伝えたいWebブラウザのViewport(表示領域)の話。エンジニアにも役立つかも。 Part1|Takumi Hasegawa (unshift)|note

スマートフォン用サイトを制作するデザイナーさんに伝えたいWebブラウザのViewport(表示領域)の話。エンジニアにも役立つかも。 Part1|Takumi Hasegawa (unshift)
はじめに デザイナーさんからスマホのサイトのデザインデータを頂いて眺めていたら、以下のようなことをふと思いました。 基本的には実装側で見え方に破綻がないようにしますが、実機でみたときにデザイナーさんは自分でデザインしたものとは少なからず違うものがあがってくるはずなので、違和感を感じることはないのかなと...