mysqldumpメモ

木曜日の打ち合わせ以降、現在の某システムを、サーバー上でどうにかする必要性を感じる堀田です。

ということで、今までは、
プラグインに頼っていたWordPressのバックアップを、該当のお客様に限っては、
Linuxコマンドでどうにかすることにしました。

サーバーリプレース案件なので、まずは、自宅でのWordPress環境の構築から。
1. お客様先から、テーマとプラグインをGET
2. mysqldumpを使って、全データを引っ張ってくる
3. 自宅のxampp環境に、最新WordPressの投入。
4. 自宅パソコンのhostsもしくはxamppのhttpd.confあたりで、ホスト名の書き換え
5. お客様環境から持ってきたテーマ、プラグイン、mysqldumpの投入

作業自体は、こんな感じになります。

MySQLDumpのコマンドはmysqldumpまとめみながらちまちまと作業することになります。

さて、久しぶり、そして、たぶんあじさい企画最後の
WordPress リプレース案件いってみようか。
(このお客様の案件は続くけど、WordPress系はあとはメンテくらいのはず。)