今更ですが、wp_titleが非推奨になった話

突然ですが、あじさい企画は、「ホームページ構築会社」です。

「現在の情報発信作業を効率化したい皆さんのお手伝いをします。」と断言するだけあって、
ホームページリニューアルを専門とする会社だと考えていただけるとありがたいです。

とはいえ、ある思惑、もしくは遠大なる野望達成のため、今のメイン業務は、
知人の会社のお手伝い、もとい、彼の会社の請け負ったサイト構築&運用保守の代行業務です。

まったく知らない人の作ったサイトは勉強になります。

「え。。ここでこれ使うの??」

と、いろんな意味で、自分の発想力が試されます。

さて、本題。

どうもいろいろとうまくいかない。よし、これは、まずは、今いただいているテーマの確認をしてみよう。

ということで、プラグインTheme Checkを使うことにしました。

すると、、、
「テーマの中でwp_titleは使ってはいけません」

おや? サイト構築に、wp_title( ‘–‘, true, ‘right’ )は基本だろう。。
参考) Codex- wp_title

調べていたら、こんな文言が。
WordPress 4.4 から wp_title関数が 非推奨になりました

—————-
WordPress 4.1からは、上のようにテンプレートファイルに title 要素を直接書かなくてよくなります。その代わりに、テーマの functions.php に次のように書きます。

function my_setup_theme() {
add_theme_support( ‘title-tag’ );
}
add_action( ‘after_setup_theme’, ‘my_setup_theme’ );
すると、header.php に記述している wp_head() がほかのいろんなものといっしょに title 要素も出力してくれます。こんな感じで。

記事のタイトル | サイトの名前
WordPress 4.1に同梱される新しいデフォルトテーマ “Twenty Fifteen” でも、同様の方法で title 要素が組み込まれています。
—————-
バシャログ。様記事より引用

wp_headですべて埋め込まれちゃうんだ。。
jsファイルも、全部functions.phpに書き込めというし。。
すべてfunctions.phpに統合される方向で動いているのかなあ。。サイトのメンテナンス請け負うときは、ftp必須ですね。

functions.phpいじるのも怖くなくなってきたことだし。

カスタム投稿タイプ&カスタムタクソノミーの山である現在の案件(*9月に受注したあじさい企画案件)が終了したら、今度は、functions.phpと仲良くしてみるか。

今日はこのへんでおしまい。
トラブっているサイト修正に戻ります。